税金をカードで払ってポイント還元って本当?

2014.1.5|リクルートカード

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

3333d26f

2013年5月30日からスタートした年会費無料のリクルートカードと年会費2,100円のリクルートカードプラスは、リクルート系列のサイトで使用すると最大5%が還元されるという最強の高還元率カードです。



リクルートカードは決済に使うと1.2%還元、リクルートカードプラスは2.0%還元と、国内最大最強といって間違いありません。

リクルートカードプラスを例にして説明します。このカードは決済に使うと2%のポイントを還元され、リクルートグループであるポンパレ、じゃらん、ホットペッパーなどのサイトで使うことができます。さらにリクルートグループで決済に使うと2%から3%の還元を受けられるので、計4%から5%も還元されることになります。

これだけではありません。リクルートカードプラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドーで使える電子マネーnanacoと提携していますので、リクルートカードプラスでnanacoにチャージするだけで、2%の還元が可能です。nanacoは、使うと1%が還元されますので、計3%分が還元が受けられるということになります。

nanacoの強みは、税金などの公金も利用することが可能な点です。さすがに税金の支払いにnanacoを使った場合は、nanacoのポイントは付きませんが、チャージした分の2%がリクルートカードプラスに付与されることになります。例えば固定資産税の第一期分が5万円とすると、nanacoで支払うことにより、1,000円分が還元されることになります。

税金を少しでも抑える時に、リクルートカードプラスを使うことにより、2%も還元されるとは、何ともすごいカードが出現したものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL